服にかかるお金と予算

ポーチ

服にお金を払う頻度が多いのは女性が圧倒的です。

男性は服を購入する頻度は少ないうえに平均1万円で済ませますが、その代わりに数万円ほどの品を購入して愛用する傾向があります。一方で女性は先述したように服を購入する頻度が多く、20代から40代になれば月に2万円から4万円ほどのお金を使うのが常識です。これは社会人として清潔かつ高級感があるものを身につけなくてはならないというマナーとお金の余裕が生まれた事によるブランド品の入手が理由として挙げられます。それなら男性も同じですが、アクセサリーやデザインのバリエーションが多い女性は自然とコストがかかるものです。

そのため予算は男性なら1万円、女性なら3万円が適切と言えます。

しかし服やファッションに執着していない人ならともかく、服やファッションにこだわっている人や購入する事でストレス発散をしている人には予算というブレーキはあまり効果がないです。ブレーキが効きづらい理由は様々ですが、結局のところはその人にとって善意による行動に尽きます。悪い事であれば精神に負荷がかかるのでブレーキはかかるものの、善意すなわちその人にとって良い事はストレスになりません。例えるなら道端のゴミを拾ってゴミ箱に入れる行為と似ています。

けれども、いくら良い事でも限界があるものです。

この場合なら満足するまで購入し続けたら、生活に悪影響を及ぼす可能性があります。かといってショッピングは精神のケアにも繋がっているので疎かにできないものです。つまり予算と現実のバランスが求められます。

例えば予算内で多くの服を購入したいならセールが狙い目です。

季節の変わり目に行われている前シーズンの服はかなり安くなっています。1500円の品が300円になっているケースが良い例です。あるいは、しまむらやユニクロなど安価を基本としている量販店を利用する事も推奨されます。いずれにしてもお金と上手く付き合うには予算はもちろん、よくよく考えて服を選ぶ事が大切です。